思いつくと色々作ってみたくなるコスケです(´∀`=)
今回は、ふとしたことをきっけかに思いついた料理、鶏もも肉のウスターソース漬けを作ってみました。

思いついたきっかけは些細なことで、近所のスーパーで鶏もも肉が安かったことと、ウスターソースが安かったこと。

そして、以前に行った北海道、釧路のお店で、ザンタレを食べたのです。
ザンギ(からあげみたいなもの)をタレに付けて食べる料理なのですが、そのお店ではタレのベースがウスターソースだったので、鶏肉とウスターソースは合うんじゃない?と思って作ってみることにしました。

本当は鶏肉を揚げたいところですが、わが家では揚げ物はしないことにしているので、今回は漬け込んだ肉を焼いてみることにします( ´ ▽ ` )ノ




鶏もも肉のウスターソース漬けのレシピ

材料は多くありません。
初めて作る料理なので、まずは最小限の材料で作って今後調整していこうと思います。

  • 鶏もも肉
  • ウスターソース
  • ショウガ
  • ニンニク
  • 塩コショウ

以上です(`・∀・´)

鶏もも肉のウスターソース漬けの材料

ニンニクとショウガは生のものをすり下ろすのが一番でしょうが、面倒くさいのでチューブで(⌒-⌒; )

鶏もも肉は近所のスーパーで安売りされてて、ウスターソースも安かったので買ってきました。

では早速調理に入りますが、今回もとっても簡単です(´∀`=)

鶏肉を切る

まずは鶏もも肉を切ります。
余分な油や余っている皮などは切り落とし、一口大のサイズに切ります。

一口大に切った鶏もも肉

後はタレに漬け込むだけ!

ウスターソースベースのタレに漬け込む

切った鶏もも肉をボールに入れて、ウスターソースに漬け込むのですが、ただウスターソースに漬けるだけなら面白くないので、ショウガとニンニクのチューブをいれてみます。

鶏もも肉をウスターソースのタレに漬け込む

ウスターソースの量は見ての通りで、漬け込めるギリギリ位の量です。
それと酒も一緒に入れてみましょうか。

酒も入れる

酒はちょっとです、20ml位かな?
このままでは薄味になりそうなので、塩とコショウで味を調えて・・・

塩コショウを入れる

しっかり揉み込んで、ラップをして完成。

揉み込んだものにラップをする

後は冷蔵庫に入れてしばらくおきます。
一晩も寝かせれば十分でしょう。

一晩漬けたものを焼く

一晩経ったものがこれです。

一晩漬け込んだ鶏肉のウスターソース漬け

あまり代わり映えしませんが・・・
これを焼いてみましょう。

ひとまず、食べる分を室温に戻すために少し置いておきます。

室温に戻す

美味しいのか、マズいのか・・・ドキドキしますね(´∀`=)

良く温めたフライパンに油をひいて、焼いていきます。

鶏肉のウスターソース漬けを焼く

おぉ、良い匂いがする。
これは美味しいかもしれませんヾ(^v^)k

でも、食べてみるまで気は抜けませんね。
焼けたら完成です。

鶏もも肉のウスターソース漬け完成

ウスターソースが思ったより焦げやすかったようで、ごく一部焦げているような気がしますが、この程度なら許容範囲でしょう。

では食べてみます!

鶏もも肉のウスターソース漬けを食べた感想と改善点

う〜ん、いや、美味しいです。
美味しいのですが・・・、何か物足りないんですよね・・・。

何だろうなぁ〜(>_<)

とりあえず、ウスターソースと鶏肉は合わないわけではく、これはこれでそこそこ美味しいです。

ただ、ウマイ!というにはまだちょっと何か足りない感じです。
これなら、片栗粉をつけて揚げた鶏肉に、ウスターソースをかけて食べた方が美味しいかなぁ・・・

今後の改善点

また同じものを食べたいかというと微妙ですね。
このまま同じものはもう作らないでしょう。

何かしら改良せねばなりますまい。
今回は鶏もも肉を使いましたが、もしかすると鶏胸肉の方が合うような感じがします。

次回は胸肉で作ってみようかなぁ〜
それに、漬け込むんじゃなくて、焼いたのにオイスターソースベースのタレをかけるという方が良いかもしれません。

あまり硬くならないように焼いた鶏胸肉にウスターソースベースのたれをかけて食べる・・・、うん、ちょっと思いついたので、近いうちにまた作りたいと思います(`・∀・´)

色々作ってみて、より美味しくなるように改良を重ねていくしかないですね。