甘いものが大好きなコスケです(´∀`=)
あ、でも甘けりゃなんでも良いってわけじゃなく、美味しいのが大好きで、パフェとかケーキとかチョコレートとか良く食べます。

何度かお菓子もつくることがあり、お菓子を作って食べたり、食事に行くたびにパフェやらプリンやらデザートを頼む私を見て、友人は「女子みたいだね!」と・・・

男でも好きな物は好きなのだよ〜o(`ω´ )o

先日、妻と急にホットケーキが食べたくなり作ることにしました。
ごくごく普通の、ホットケーキミックスを使ったのですが、いつもと違うのは鉄のフライパンを使って焼いてみたという点です。

いつもはテフロン加工(フッ素樹脂加工)のフライパンを使っていたのですが、今回はフライパンを変えて挑戦です!




ホットケーキのレシピと作り方

今回用意したのは昭和産業のホットケーキミックスです。
昭和産業は穀物の加工会社、色々なホットケーキミックスを販売しています。

普通にどこでも売ってる物で、安いですし特に珍しいものではありません。
材料は全部でこれだけ!

  • ホットケーキミックス
  • 牛乳
  • バター
  • シロップ的なもの(メープルシロップや蜂蜜など)

以上です( ̄▽ ̄)

ホットケーキの材料

改めて思いますが、ホットケーキミックスがあると、最小限の材料で作ることができるので、本当に楽ですね〜

バターとシロップはできあがった後に使います。
メープルシロップが好きなんですが、高いのでメープル風シロップを使ってますε-(´∀`; )

ホットケーキの生地を作る

まずは生地を作ります。
作り方はホットケーキミックスの後ろの記載通りにやってみます〜

ホットケーキミックスに記載された作り方

材料入れて混ぜて焼くだけです。
ということで、混ぜた物がこれ。

ホットケーキの生地

入れて混ぜただけなので、超簡単(´∀`=)

ホットケーキを鉄のフライパンで焼く

次にホットケーキを焼いていきます。
今回使うフライパンは鉄のフライパンです。

リバーライトの極というシリーズ。
厚板の24cmという少し鉄板が厚い製品です。

リバーライト極厚板24cm

いつもはテフロン加工(フッ素樹脂加工)のフライパンを使っているので、くっついたり焦げ付いたりしないのか、それだけが心配ですがやってみましょう。

まずは十分に予熱をして、作り方に書かれている通り170℃辺りまで温めます。

十分予熱する

十分予熱したら油を薄くひいて準備完了。
油を垂らしたらキッチンペーパーで拭き取りながら伸ばしているので、ほんの少ししかひいてません。

油をひいたフライパン

では、生地を焼いていきます。
火を弱めてレードル一杯分をフライパンに流し入れます。

レードル一杯分のホットケーキの生地

表面がポツポツしてきたら裏の焼いている面を見て、しっかり焼けていればひっくり返します。
綺麗な焼き色がついてますね(´∀`=)

ひっくり返したホットケーキ

くっついたり、焦げ付いたりと言うことはなく、綺麗にターナーで裏返すことができました。

焼けたらお皿に入れてバターをのせるとできあがりヾ(^v^)k

バターをのせたホットケーキ

美味しそうですね〜(`・∀・´)
これはコスケがぺろっと食べてしまいました。

残りの生地も全て焼いてしまいましょう。
フライパンはすでに温かいので、油を数滴垂らしたキッチンペーパーでフライパンにのばすついでに、焼け残ったカスを除去して、次々にやいていきます。

綺麗に焼けたホットケーキ

焼けたホットケーキを重ねて

重ねたホットケーキ

シロップをかけたらできあがり♪( ´▽`)

シロップをかけた重ねたホットケーキ

美味しそうですヾ(^v^)k
妻と二人で頂きました〜

ホットケーキは鉄のフライパンでもくっつかない

今回、鉄のフライパンで普通のホットケーキを作ってみましたが、特にくっついたり焦げ付いたりすることなく、普通に焼くことができました。

それどころか、色むらなども無く綺麗に焼けましたし、表面はサクッとした食感、中はふわふわでいつも以上に美味しいホットケーキが焼けたような気がします。

いつも使うテフロン加工(フッ素樹脂加工)のフライパンより焼きやすく、コスケは今後もホットケーキは鉄のフライパンで焼こうと決めました。

それくらい簡単に焼けたし美味しかったです。
まぁ、テフロンのフライパンで焼いても普通に美味しいですけどね。

今回はホットケーキミックスを使った、ごく普通にホットケーキの紹介でした。
まだ材料は沢山残っているので、近いうちに作ろうと思っています♪( ´▽`)