宝幸(HOKO)の国内産さば水煮が美味しい!食べてみた感想

美味しいサバ水煮を見つけると嬉しいコスケです(`・∀・´)

すでに何度も色々な種類を食べているさばの水煮ですが、先日イオンだったかな?まだ食べたことのないサバの水煮缶があったので買ってみたのです。

宝幸という会社のサバの水煮です。

正直あんまり期待していなかったのですが・・・、想像以上に美味しかったので、今回記事にしてみようと思いました。

まぁ、美味しくなくても記事にはするんですが、今回は想像以上に美味しかったです(´∀`=)

スポンサーリンク

HOKOの国内産さば水煮の特徴

今回買ってきたHOKOの国内産サバ水煮がこれです。

HOKOのさば水煮

青い缶詰で、派手な色の缶詰で今のところ美味しかった物はないので、あんまり期待していませんでした。

原材料がこんな感じです。

HOKOさば水煮原材料

純粋にさばと食塩しか使っていないさば水煮です。
内容量は190gなので普通。

株式会社宝幸が作っているようですが、少なくてもコスケは知らない会社です。
ただ、どうも日本ハムグループの会社のようですね。

北海道民としては日本ハムはファイターズの影響もあってなじみ深い会社。
何だか親近感がわきます。

お値段は定価200円ほどのようですが、コスケが買った時はスーパーで150円ほど。
130円前後で美味しいサバ缶が売られていることを考えると、少し高いですが特別高すぎるというわけではありません。

このサバ缶、国内産には違いありませんが、国内で水揚げされたさばを、青森の工場で作っているようですね。

青森産のさば水煮

普通に考えれば、さばも周辺で捕れたものかと思います。

缶を開けてみると、脂がのっていそうなさばが見えます。
これは美味しそうですね(`・∀・´)

HOKOのサバ缶の中身

今まで散々さばの水煮は食べてきましたので、舌もそれなりに肥えてるはず。
お味はどの程度の物か食べてみましょう。

HOKOのさば水煮を食べてみた感想

宝幸のサバ缶を食べてみた感想ですが、まずはお皿にあけてみましょう。

宝幸のサバ缶水煮

普通に美味しそうです。
この時点で感じたのは、脂がすごくのっているということ。

汁に含まれる脂の量が多く、かなりしっかりと脂ののったさばを使っているのかなと思いました。

そして食べてみた感想ですが・・・美味しい!
いや、ほんと、これ美味しいです。

色々サバ缶は食べてきましたが、1,2を争う美味しさ。

この会社のサバ缶全てが同じ品質なのだとしたら、1缶300円を超えるようなサバ缶にも対抗できるほど美味しいです。

しっかり脂がのっていて身も柔らかいですし、味付けも丁度よく素材事態がいいのは間違いないのですが、その素材の良さも十分引きだせているように思います。

本当に美味しいサバ缶です。

もちろんたまたま缶詰に入ってるさばが美味しい個体だったという可能性もあるので、なんとも言えませんが、価格の割りに非常に美味しいサバ缶だったと思います。

今後、サバ缶を買うときはこれを探しちゃいそうです〜
本当に美味しかったので、もし見かけたら食べてみてください(`・∀・´)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ