柿が大好きなコスケです♪( ´▽`)
秋になれば毎年沢山の柿を食べるんですが・・・柿の皮ってどうやってむいてますか?

どうやって向くのが一番良いのか、皆がどうやってむいているのかコスケには分かりませんが、いつからか行っている楽なむき方があります。

今回は、そんな柿の皮のむき方を紹介しようと思います(`・∀・´)




柿の皮のむき方

必要なものはこれだけ

  • 良く切れる果物ナイフ

まず柿が必要なのは言うまでもありません。
柿の皮のむき方ですからね!

もう一つ、果物ナイフですが、これは良く切れるものじゃないと危ないです。
切れない包丁だと無駄に力が必要なので、勢い余って指までスパッといくかもしれません。

ナイフの種類ですが果物ナイフと書きましたが、ペティナイフでもパーリングナイフでももちろんいいです。

身幅が狭く短い方がむいてカットするという作業はしやすいと思います。

今時期は柿も安いですし、美味しいです♪( ´▽`)
これが一般的なむき方なのかどうかは分かりませんが、コスケはいつもこうやってます。

皮のむき方の手順

まず美味しい柿を用意します(`・∀・´)
いや、むき方と味は関係ないですが、美味しい方が食べるとき良いですからね!

柿

今回準備したのは10個入りで598円の柿です。
安かったので買ったんですが、中々美味しいです(´∀`=)

まずは手に柿も持ちます。

柿を片手で持つ

そしてへたの反対側から包丁を入れていきます。
中心部から皮をむいて・・・

へたの反対から包丁を入れる

円を描くようにむいていきます。

円を描くように皮をむく

へたの周りまでぐるっと皮をむけたらオッケーです。
綺麗にむけました。

綺麗に皮がむけた柿

なぜか、いつも皮が途中で切れないように繋げたくなり、切れずに向けると気持ちが良いです(´∀`=)

柿の皮を1本に繋げる

さて、これで終わりではありません。
遠足は家に着くまでが遠足、柿の皮むきもカットして食べられる状態になるまでが皮むきです(`・∀・´)

へたの反対側から真ん中に包丁を入れ、親指で押して切っていきます。

親指で押して包丁を入れる

包丁を持たない方の親指で包丁を差し込んでいきます。
包丁を持つ手で力を入れると、スパッと指まで切れちゃったら笑えませんからね( ̄▽ ̄;)

ある程度包丁が入ったら、くいくいっと動かして、へたまで刃を入れます。

刃をへたまで入れる

へたが硬くて刃はそう簡単に通らないので、へたの下に指がある分には大丈夫なのですが、身の部分の下に指があると危ないです。

ムリに力を入れず優しく・・・ですね。
指切っちゃ笑えませんので。

ここまで切ったら、今切った部分と十字になるように、もう一度刃を入れます。

十字になるように刃を入れる

これで4等分になりました。
後はへたをとるだけです。

最後にへたの部分をくりぬきます。

へたをくりぬく

これで柿の皮むきは終わりです。
4等分になった柿が残ります♪( ´▽`)

4等分になった柿

後はそのまま食べるなら、お皿に盛るなりすれば良いだけですね。
私は、いつもこのまま台所でかぶりつきます( ̄▽ ̄)

柿が大きいときは6等分くらいまでならできるんですが、それ以上は片手で持てなくなるのでムリです。

4等分が一番楽ですね。

コスケはいつもこうして柿の皮をむいて食べてます。
これが一般的なのかは分かりませんが・・・、今まで何人かの柿の皮むきを見てきましたが、結構みんな違う方法でむいていたので、コスケの柿の皮のむき方を紹介してみました( ´ ▽ ` )ノ

みんなどうやってむいてるんだろうな〜
普段人の柿の皮むきなんて見る機会がないので興味がありますね。

一般的な柿の皮のむき方なんてものがあるんなら知りたいです〜、誰か教えてちょ(=゚ω゚)