肉の中では鶏肉が一番好きなコスケです(´∀`=)
今日は、コスケの大好物、塩とコショウのみで作るチキンソテーのご紹介です。

本当に大好きですし、調理も簡単なので良く作ります。
ただ、簡単な工程の調理だから誰でも適当にやって美味しく作れるというわけではないと思います。

単純だからこそ、素材の味や使う塩など調味料の味、そして調理の工程が非常に重要になる料理かと思います。

まぁ、肉はコストコの安い肉ですが( ̄▽ ̄)




チキンソテーのレシピ

必要な材料はこれです

  • 鶏もも肉
  • コショー

のみです!
鶏肉に塩コショウふって、油をひいて焼くだけという非常にシンプルな料理です。

下ごしらえ

事前に冷蔵庫から出しておいて、室温に戻した鶏もも肉を使います。

まずは肉の下処理です。
余っている皮や脂身を取り除きます。

こういった脂や・・・

鶏肉の余分な油

こういう皮の余っている部分ですね。

鶏肉の余っている皮

これを取り除いたら、皮面に塩を軽く振ります。

鶏の皮面に塩

皮面をしっかり焼くのでコショウは焦げてしまうためなしです。
裏面には塩とコショウをしっかり振ります。

鶏肉の裏面に塩コショウ

コスケは荒く挽いた黒コショウが好みです(´∀`=)
ピリッとするほどたっぷりかけるのが好きで、いつも挽き立てを使います。

味付けは塩コショウのみですから、塩はお気に入りのリアルソルトを、コショウは挽き立てで荒めというのにコスケはこだわっています(`・∀・´)

後は焼くだけです。

鶏もも肉を焼いて完成

実際に焼いていきますが、まずはフライパンをしっかり温めます。
多分180℃位まででしょうか。

今回使うのは鉄のフライパン。
フッ素樹脂より鉄の方がしっかり焼き目がついて美味しくできるような気がします。

温めたフライパンに油をひきます。
私はいつもオリーブオイルを使ってます。

温めたフライパンに油をひく

しっかりフライパンが暖まっていると、油が波たつようになりますね。

鶏もも肉を皮面から入れて、反ってこないようにしっかり抑えます。

鶏肉が反らないように抑える

抑えないと皮面に焼きむらができますからね。
火は中火で良いと思います。

しばらく抑えると肉が固まってくるので、そしたら手を離し、少しだけ火を落としてじっくり焼いていきます。

じっくり火を通す

少し弱めの中火という感じでしょうか。
皮面から7~8割ほど火を通すイメージです。

脂がかなり溶け出してくるので、そうなれば出てきた脂で焼いていく感じですね。

ちょこちょこ皮面を確認して、しっかり焼き色がついて、火も通ってきたらひっくり返します。
こんなもんでしょうか。

火がある程度通った状態

皮面から7割ほど火が入っている感じですね。
端の方も焼けて白くなっていますしそろそろ返し時でしょうか。

ひっくり返してみると・・・

皮がパリパリに焼けたチキンソテー

皮がパリッとしていて旨そうです(´∀`=)
ひっくり返したら、また少しだけ火を弱めて数分焼いていきます。

すでに7割は火が通っているので、ここからはあまり時間がかかりません。
全体に火が通ったらできあがり。

皮がパリッとしたチキンソテー

皮がパリッとしてて中がジューシーに仕上がっています。

調理のポイントと食べた感想

さて、今回のチキンソテーですが、皮がパリッとしていて、中はふっくらジューシーに仕上がっていて、とても美味しかったです。

塩とコショウしかしていませんが、かなり満足できる味に仕上がりました。
非常に単純な料理なだけに、火加減と塩コショウの味や加減がかなり重要かと思います。

特に火加減、これが美味しく作るための最大のポイントかなと思います。

もちろん塩は美味しいものを使った方が、できあがりの味は良くなりますし、コショウも好みのものを使った方が美味しいのは間違いないです。

しかし、市販のすでに挽いてある塩コショウを使ったとしても焼き加減さえ上手くできれば美味しくなるんじゃないかと思うのです。

逆に、火加減を失敗してしまえば、どんなによい塩コショウを使おうがマズいですからね。

美味しく作るポイントは火加減

私は火加減が非常に重要だと思っているわけですが、チキンソテーを作る際に気をつけている点がいくつかあります。

一つ目は肉を投入する際のフライパンの温度です。

しっかり温めてから肉を入れないと、鉄のフライパンなのでくっついてしまうのです(ノД`)
なので、しっかり加熱して油をひいて、鶏肉を入れたときにジュ〜っと美味しそうな音がするくらいが適温だと思います。

二つ目に気をつけるのはじっくり皮面を焼いていく温度です。
強すぎると、中まで火が通る前に皮が焦げてしまいますし、弱いと中まで火が通っても皮面がパリッとせず、べちゃべちゃに。

そのまま皮をパリッとさせようと長時間焼けば、中に火が通り過ぎて水分が飛んでカチカチの硬い肉になってしまいますので美味しくないです。

しっかり皮面にある脂が溶け出すまで焼かないと、脂っぽいチキンソテーになりますから、皮がパリッとしていて中をジューシーに焼き上げるには、火は強すぎても弱すぎてもダメということになります。

中火くらいで焼きながら様子を見て調整すればだいたい大丈夫かと思いますが、この2点を気をつけることで非常に美味しいチキンソテーができるんじゃないかなと思います♪( ´▽`)