味噌が好きなコスケです(´∀`=)
醤油と並び日本の代表的な調味料の味噌。

味噌汁で使うのはもちろんですが、肉や魚の味噌漬けなどにも使いますし、何かと利用頻度は高いです。

わが家では2種類の味噌を使い分けていて、味噌漬けなど肉や魚を漬け込む用の味噌と、味噌汁に使う味噌があります。

今回紹介するのは味噌汁用の味噌の方です( ^ω^ )
豚汁や味噌味の鍋など汁物に使う味噌で、スーパーにあるものを色々買って食べましたが、味と価格を考えると今回紹介するのが一番かなと今のところ思っています。




コスケの愛用の生味噌雪しぐれ

コスケは生粋の道産子で、北海道産の食材が好きです。
雪しぐれもそんな商品の一つで、北海道産米を使って作られています。

その味噌がこれです。

紅一点の味噌雪しぐれ

この味噌の特徴はいくつかあります。

一つが有機大豆を使っているということです。
もう一つは北海道産米を使っているという点、これだけでもコスケは興味がわきます。

そして最後にコスケがコレを食べ続ける決め手となっている、酵母が生きてる生味噌という点です。

市販の味噌の大半は、パッケージが膨れてしまう等の理由から、加熱処理して酵母菌を殺菌してるものがほとんどで、できれば酵母の生きた生味噌を食べたいと思っています。

パッケージの裏面の原材料名などのラベルを見てみましょう。

雪しぐれの商品ラベル

材料は有機大豆と北海道産の米、そして塩のみの純粋な無添加の味噌です。
北海道千歳市の岩田醸造で作られているようですね。

説明にも酵母が生きてるので膨れることがあるという旨が記載されています。
通常の酵母の死んだ味噌にはこうしたことは書かれていませんが、生味噌にはこの記載があります。

無添加生味噌雪しぐれを開封

開けてみると、酵母の生きてる生味噌特有の容器だということが分かります。

生味噌のパッケージ

こうして膨れてしまわないように空気が通る穴が開いているのが生味噌の特徴。
酵母が生きてるため穴がないと膨れてしまうようです(´∀`=)

こうした空気穴があいていれば生味噌の証拠でもありますね。

味噌はこんな感じです。

生味噌雪しぐれ

うまそうです(´∀`=)
使用後もプラスチックの蓋は機能するので、開け閉めが非常に楽なのも特徴です。

開けやすい味噌のパッケージ

蓋の開閉が片手で出来るこの容器も中々便利です。

味噌の味は美味しい?

肝心の味ですがとても美味しいです。
甘すぎず辛すぎず、コクもあり非常に口当たりの良い味で、コスケはめちゃくちゃ好みです。

ちょっと塩辛いものや甘みの強い味噌も多いですが、この雪しぐれはそういったこともなく、とにかく口当たりの良いコクのある味わい。

めちゃくちゃコスケの好みの味です。
もちろん味噌に限らず食べ物は好き嫌いや好みがありますから、万人受けするものではないでしょうが、味噌汁などの汁物にするにはこれ以上の味噌は中々無いかなと思います。

ちなみに価格は近所のスーパーで500円しないくらい。
少なくても近所で手には入って500円以下の味噌なら、これ以上に美味しい味噌をコスケは知りません。

コスケ愛用の味噌の良いところのまとめ

この味噌の良いところをまとめて終わりにしたいと思います。
コスケが考えるこの味噌の良いところ、特徴ですが以下になります。

  • 酵母が生きてる生味噌
  • 有機大豆と北海道産米が使われている
  • 大豆、米、塩だけの無添加味噌
  • 容器が使いやすい
  • 価格が750グラムで500円以下とお手頃で近所のスーパーで手に入る
  • 甘すぎず塩辛すぎず優しい味の美味しい味噌

正直デメリットは余りというか、コスケには全然無いです。
まぁ、もうちょい安ければ理想的ですが、味や素材を考えれば十分安いかなと思います。

以上、コスケ愛用の味噌の紹介でした〜
そのうち肉などを漬け込む専用の味噌も紹介します( ^ω^ )